緑民商

緑民商の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木憲昭議員から・・・

 日本共産党の佐々木憲昭議員から、国会質問のために、改悪消費税の下で苦しんでいる業者の実態を調査させてもらえないか、との申し出があり、28日午後、佐々木議員の秘書の方等3名が緑民商事務所を来訪、聞き取りが行われました。「30日に、消費税の『納税猶予』申請を集団で税務署に出しに行こう」と準備している新規課税業者を中心に、7名の会員さんが応じてくれました。

「話を聞いてほしいけれど、どうしても仕事を休めない」というTさんからは、活用してもらえれば、と申告書が預けられました。申告書には、スナック経営で月に10万、昼間パートで働いて10万、子どももいて月に20万の生活費、それなのに23万円を超える消費税という実態が。Tさんは、自分の老後のことを考えると、涙が止まらなくなると言います。
 取引額は大きいけれど、波があり、利幅も少ない商売のKさん、国民健康保険料が滞納で、短期証だと言います。奥さんが「朝から夜まで3ヶ所で働いて、やっと暮らしているのにね」と、ちょっと涙ぐみながら、小柄な身体で語りました。
 飲食店のNさん「商売を始めて12年、売り上げは最盛期の3分の1。とりわけ小泉が首相になってから、ガクッと売り上げが落ち始めて、今年は1千万以下なのに、消費税は20万。もう商売やめようかな・・・」

 大企業は、リストラや合理化で、史上空前の利益を上げているけれど、その結果、個人のふところは冷え込んだまま。老後も不安で、消費にまわるお金なんかない。そんな中で、個人がどんなにがんばったって、商売が良くなるわけがありません。
18年度予算も通り、定率減税の全廃、同族会社の役員報酬の損金不算入など、なんでここまでという悪法が、またまた通ってしまいました。これでもかこれでもか、という庶民イジメ。でも、このまま泣き寝入りはできない。生き延びるためには、開き直ってがんばるしかない!

 調査にみえた憲昭さんの秘書・村高さんは「この困難な中、現場でがんばり続けている皆さんの実態に触れて、本当に励まされます。この声を国会に届けて生かせるよう、私たちも頑張ります。」と、帰っていかれました。
スポンサーサイト

消費税払えない人、集まれ!

所得税の確定申告も終わり、消費税の申告は31日まで。
改悪消費税のもと、初めて消費税の申告・納税を行う個人事業者は、全国で128万人、消費税を価格に転嫁できず、身銭を切ったり、滞納せざるを得ない業者が増えるのは、目にみえています。
 スナック経営の女性会員Tさん、不景気と飲酒取締りの強化によって数年前から売上は減り、商売だけでは生活できず、昼間はパート勤めをしています。所得税もほとんど出ないTさんですが、今年から24万円もの消費税が発生します。「とてもこんなに払えない・・・」
 『納税の猶予』(国税通則法第46条)を活用すれば、1年を限度に納税を猶予され、その期間中は滞納処分されません。延滞税も免除されます。「滞納扱い」ではないため、自治体の制度融資申込みにも差し支えません。
緑民商では、この猶予申請についての学習会を左記の通り計画しています。税金を払わない業者が悪いのではない、払えないほど高い税金が悪い!私たちが税金を払ってこそ、国や自治体が成り立つのです。消費税に負けず商売を続けるためにも、みんなで納税猶予の申請をしましょう。
また、消費税申告がお済みでない方も、この日に行いますので、ご参加ください。
消費税払えない人、集まれ!学習会 
3月21日(火・祝)午後1時半~ 十日市場地区センター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。