緑民商

緑民商の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

延滞税14.6%が4.1%に!

「とっても消費税払いきれない」と、納税猶予の申請を出した11人。24日朝、4人の方と事務局2人が、4/10付け商工新聞『滞納処分から身を守る法』の読み合わせをして、いざ税務署へ。対応に出た田中特徴官と佐々木徴収部門上席に、右記商工新聞や、12日の日本共産党・佐々木憲昭議員の国会質問議事録などを示しながら、「実情に即した対応」という谷垣財務大臣の答弁に則った対応を申し入れました。(消費税課税業者の増加にともなう、税務署員の労働強化対策にまで言及した佐々木議員の右記議事録は、税務署員に進呈!)
 その後、個々の話し合いを行い、「納税の猶予」ではなく「換価の猶予」で分割納付を認め、法律で定められた14.6%という高い延滞税を、4.1%にするということが確認されました。延滞金ゼロにはまだできていないけれど、1割以上の減額!皆でがんばった成果です(現在6人の方が減額を確認)。全国の仲間の知恵や頑張りに励まされながら、一人一人があきらめないことの重要性を、改めて実感させられました。
 この日(24日)は午後から、横浜北部消費税廃止各界連絡会の定例宣伝を青葉台駅頭で行われました(5団体7人参加、36署名)。消費税増税やむなしの声も聞かれ、まだまだ宣伝を強めなければ・・・。
夜には神奈川各界連の活動者会議が開かれ、税務署の横暴に機敏に対応、払いきれない消費税に苦しむ業者への対策に取り組んでいる緑民商の活動が、注目を集めました。
 来年2007年は、消費税増税・憲法改悪等、本当に正念場の年。仲間を増やし、力を蓄えて「平和で豊かな日本」をめざしていけるように、今後とも民商の仲間とともに、力を合わせていきましょう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。